いつもと違う衣装で演出!浴衣とワンピース

夏には浴衣を着て祭りに行ったり涼しげなワンピースを着たい。浴衣や、ワンピースがバレエの衣装と似てることについて

いつもと違う衣装で演出!浴衣とワンピース

さまざまな衣装の中の浴衣とワンピースについて

いつもと違う衣装で演出!浴衣とワンピース
数年前、祖母が私に浴衣をプレゼントしてくれました。
小学生の頃や、小さい頃は夏になると毎年浴衣を着てお祭りに行きました。
友達も普段と違う浴衣姿で、水の入ったヨーヨーや、蚊を団扇でよけながら出し物を見たり、楽しかった思い出があります。
最近の浴衣は?というのかわかりませんが、すごくきれいな柄のものが多いと思います。
それも若い人が着てると魅力的です。

でも祖母が私にくれたのは昔ながらな、大きな和風なピンクと黒い色の四角がつながった柄のもので、最初は流行りと違ってシンプルだな〜と思いました。
帯もちゃんと自分で結ばなくちゃいけなくて、慣れないながらも昔を思い出し、祖母が結んでくれました。
最近のは結んだ形になってるようで、留めるだけでよさそうなので、お祭りに行ったときにはずれたらどうしようと思いながらも着て行きました。
もちろんはずれませんでした。

浴衣を着て祖母の前に立つと、祖母がすごく喜んでくれました。
それを見てると私もすごく嬉しくなりました。
もちろん久しぶりに浴衣に袖を通せたのも嬉しかったですが、似合うかなーと心配しながら、着てみて喜んでもらえるとお互い自然に笑みがこぼれます。
もうひとつ、祖母にワンピースを買ってもらったことがあります。
一緒に街中に行って、若者のお店が詰まったところをウロウロして選びました。
叔母とも一緒に行ってて、叔母が(私が着るのに)これかわいくない?と言ってくれて、買う流れを作ってくれました。
私は普段あまり自由に使えるお金がなくてワンピースなどずっと買ったことがなかったので、すごく嬉しくて、何枚か試着してみました。
「水色がいいかな〜パープルがいいかな〜黄色もいいね〜ピンクも好きよ〜」と話しながら選ぶと、ウキウキ感も増してきて。試着してみると、流行りの薄い生地でふわふわ風になびきそうなスカートで、すごく気に入りました。
お店の鏡の前で叔母や祖母に見てもらいながら、「○○(私)ちゃんはピンクのイメージだから、ここはあえて黄色にしたら〜?」とか祖母は「あんたが好きな色選びなさい」と言ってくれて、黄色と水色のワンピースを選びました。

買ってから数日後、友達と遊ぶときにそのワンピースを着て行くと、思った通り風にふわふわなびきます。
私は昔バレエを習ってたのですが、気づくとその時着たかった衣装にそっくりでした。
チュチュという横に広がった衣装は着たことがあったけど、ワンピースのような形は憧れだったので、それに似ててすごく嬉しい気持ちになりました。

Copyright (C)2017いつもと違う衣装で演出!浴衣とワンピース.All rights reserved.