いつもと違う衣装で演出!浴衣とワンピース

夏の代表的な衣装の浴衣について、思うことを書いています。具体的にはゆかたの柄や色についてです。

いつもと違う衣装で演出!浴衣とワンピース

夏の代表的な衣装の浴衣

いつもと違う衣装で演出!浴衣とワンピース
日本の伝統的な夏の衣装といえば、もちろん浴衣でしょう。
作務衣もありませんが、あまりメジャーとはいかないでしょうから。浴衣の柄もさまざまな種類が展開されています。
古典的な柄では、あじさい、あさがお、花火、アサの葉、なでしこ、桔梗、などが思い浮かびます。
モダンな柄では、バラ、スカル、ひまわり、など意表を突く柄が出てきていますね。子供用の浴衣では、やっぱり金魚やとんぼが定番でしょうか。

一般的な意見ですが、体型によってある程度にあう柄があると言われていますね。たとえば、大柄な人は、長身を生かして大きな柄、逆に小柄な人は小さい柄が良いと言われています。

しかし私の周辺では逆を着る人が多いような気がします。
ないものねだりなのかもしれませんね。ゆかたの帯も重要な要素ですね。同じ浴衣でも、合わせる帯によって雰囲気がまったく変わってきます。
たとえば、紺ベースの浴衣に黄色の帯を合わせたら粋で元気な雰囲気になるし、ピンクの帯をあわせたら可愛らしい女の子の雰囲気がでてきますよね。

自分のなりたい雰囲気にあわせて、いろいろチョイスできるところも浴衣の良いところですね。もちろん髪型にもこだわりたいところです。
アップにするのはもちろん、髪飾りも浴衣にあわせて楽しみたいものです。
手にもつ巾着ぶくろも手をぬけないですね、下駄も普段ははきなれずついビーチサンダルに逃げたくなりますが、ここはしっかり下駄をはいてほしいものですね。だって音がちがいますから。あのカランコロンいう音が夏らしくて素敵なのです。

ピックアップ情報

Copyright (C)2017いつもと違う衣装で演出!浴衣とワンピース.All rights reserved.